2018年4月29日日曜日

21世紀を生きる力

本日は19時より菊陽町図書館にて、全国的に有名な木村泰子さんの講演会がありました。
土曜の夜、しかも連休初日にもかかわらず、多くの小中学校の先生や保育士の方が参加されました(おそらく300名は参加がありました)
木村さんは、大阪市立大空小学校初代校長を9年務められ、子ども、保護者、教員、
地域住民で作る「みんながつくる、みんなの学校」を合言葉に尽力され、ドキュメンタリー
映画としても話題を呼び、全国で自主上映会が行われています。
これからの子ども達に必要なこと。
「見える学力」と「見えない学力」見える力とは、共通テストなどのことです。
見えない力、人を大切にする力、自分の考えを持つ力、自分を表現する力、チャレンジする力。
大空小学校は「見えない力」に力を入れたそうです。
殆どの学校は「見える力」に力を入れるのではないでしょうか!?
木村先生が取り組んで9年後、学力一位の秋田県の数値を大空小学校は超えていました�(゜Д゜)
木村さん言わく「見えない力の後に、見える力はついてくるもの」
明日も午前中は教育に熱い想いを持った少数メンバーと木村さんとの勉強会があります。
私も、幼児教育や義務教育が、今後どうあると全ての子ども達が伸びて行くのか、しっかり
学んでこようと思います。

2018年4月28日土曜日

ある日のアート

金曜日、またもやつくし組の窓に作品が!
午前中の散歩にて収集してきた春のアート(^ ^)
皆で採取した植物を色分けし、表現しています。
こういった遊びの中の学び、思考がこれから必要とされる子の能力に繋がります!
今後、どのような作品が生まれてくるか楽しみです!

ある日の畑

今週は、各クラスごとに夏野菜植えをしました。
すみれ組は、枝豆植え。
畑の草取りからの植え込みをしました。
途中、去年から植えていた大根もすべて収穫しました。
畑もしばらくすると、カナブンの幼虫を探す子、泥だんごを作り始める子と
子ども達がそれぞれの興味ある事に目が向き始めます。
この経験を短的で終えないことで、畑での子どもの可能性は拡がります。

2018年4月25日水曜日

ある日のれんげ組

今日のれんげ組、朝らか第二園庭でそれぞれの遊びを楽しんでました。
ターザンロープも上手になりました(^ ^)
また、園庭ではシロツメクサが生い茂り、子ども達が遊びに活かしています。
私が園庭隅のたらの芽を摘んでいると子ども達が集まってきました。
たらの芽が食べれることを伝えるとみなで「先生、たらの芽頂戴!」の嵐に^^;
地面から生えている芽もあったので、見分け方を教えました。
「帰ってから食べる!」と豪語していた子ども達、自分達が摘んだたらの芽、
帰る時まで覚えていたでしょうか(^_^;)
お母さん方、洗濯前にズボンのポケットの確認をお願いします!
今日の子ども達、たらの芽とヘビイチゴをたくさんポケットにいれてましたよ!

2018年4月22日日曜日

農業の勉強へ

本日は、朝から大分県臼杵市へ向かいました。
先月来熊された、日本全国から講演依頼があるお百姓さん、赤峰勝人さんの
勉強会に参加しました。
園でも来週から、各クラスが夏野菜を植え始めます。
化成肥料は使わずに、野菜本来の美味しさを子どもに伝えたい。
その為にも、学んできたことを活かそうと思います。
畑を視察し、野菜に適した土作りを学びました。
今回の勉強会も遠くは、神奈川県から来られていました。
驚きだったのは、畑に生える雑草は、畑に足りない栄養素を補う為に生えているそうです。
なので畑にどんな草が生えているかで、何が足りないかを知る事ができるそうです。
今回の実のある勉強会を通して、また明日から頑張ります!

2018年4月21日土曜日

ある日の土曜日

今日は土曜保育。
以上児クラスは、動物園の裏まで散歩に行きクタクタになって帰って来てました^^;
園では、午前中に親子支援キャンディくらぶにて牛乳パックでホットドッグを焼きました。
午後より、片付けをしていると、ボールがバウンドする音が。バスケットボール片手に
「あきまっちょ〜暇〜」と今年4年生になった卒園児二人と別の保育園卒園の子合わせて
三人で遊びに来ました。
四年生になると女の子は口が達者です「ねえ、私達今から何したらいいの?」
「自分で決めたら。」と返すと「あきまっちょあそぼ〜よ〜」と言ってきます。
そんなに暇そうに見えるのか(^_^;)と思いつつも、30分くらいはそれぞれの学校等の
諸事情に耳を傾けました。
最終的に卒園児でない子の、過去色々ないきさつがあったことまで聞いてました( ̄▽ ̄)
しかし、たまに不特定でも、こうして卒園児が暇だから保育園に言ってみようと思うのは
嬉しく感じます(^ ^)
皆の拠り所!

2018年4月20日金曜日

ある日のたんぽぽ組

iPadから送信
今日も晴天、気温の上昇と共に草花の成長が促進されます。
園庭の花やシロツメクサが茂りだしました。
子ども達もシロツメクサを摘んだり、花を摘んだりしながら
楽しみました(^ ^)

2018年4月16日月曜日

鯉のぼり泳ぎ始めました

iPadから送信
本日午後より、第一園庭に鯉のぼりを泳がせました(^ ^)
またたんぽぽ組から各クラスごとに制作した鯉のぼり〓
何処に飾ると、子ども達や、保護者の皆様の目によりとまるだろうかと
話しながら考えました。
例年だとロープで吊るすのですが、風が強いと敗れたり、誰の作品かが分からなく
なるのではと、今回は園のフェンスに飾ることにしました。
夕方、外遊びで出てきた子ども達も大喜びでした^o^

2018年4月14日土曜日

4月14日

iPadから送信
4月14日今日は園ではお見知り遠足でしたが、熊本にとっては重要な日。
今日で熊本地震から2年が経ちました。
朝礼時や遠足の開会でも地震で亡くなられた方へ黙祷を捧げました。
若葉も解体が殆ど終わり、更地分譲や新築が建ち始めました。
今日も北海道で震度5弱、先日も島根でどう規模の地震が起きています。
いつ何時、何処で何が起きるか分からない。
そのためには備えが大切です。何かあった時も対応できる人間力が必要です。
私も震災後、様々な専門の方達と防災ネットワークを組み、今後熊本で何かあった際
の対応策を毎月話し合っています。
まだまだ、益城、南阿蘇等復旧課題が残っている地域があります。
仮説やみなし仮説での孤独死が増えています。
震災後、3〜4年後に自殺者が増える傾向があります。
明日は、私も所属するIPA熊本(園に停めているおもしろカー)も月一の被災地に出航する
日です。
今後も、できる時にできるシコで、益城や南阿蘇の支援を続けて行きたいと思います。
いつの時代も何かあったら「おたがいさまの精神で」

2018年4月13日金曜日

春のアート

iPadから送信
夕方の園庭。
朝も遊んでいたもも組の子達が、水枯れしている花にジョーロで一生懸命
水やりをしました。
と、つくし組テラスに目をやると、保護者向けに何やら張り出してあります。
「お散歩で春を探しに行きました」散歩で採った草花を使っての作品。
さすがC先生!こういった子どもの興味や発想を活かした遊びを考えると
凄い才能を持っています。
しかも作品にはテーマがあり、持続性があるそうです(^ ^)
こういった体験は、子どもにとっても創造性を拡げます!
今後どのようにアートが進化していくか楽しみです!

ある日の園庭

iPadから送信
今日も晴天!明日の雨が信じられません!
気温の上昇と共に、園庭の植物、シロツメクサ、地植えやプランターの花が
急成長しています。
子ども達も、クローバーを摘んだり、花を楽しみながら裸足で枕木を綱渡りの
ように歩くのがブームとなっています。
もも組がしていると、たんぽぽ組が真似したがります(^ ^)
ほのぼのとした時間がながれていました。

2018年4月11日水曜日

新たな門出

iPadから送信
本日は小学校の入学式!
私も秋津小学校の入学式に出席してきました。
昨日まで学童で一緒だった子達が正装し、凛々しく見えました(^ ^)
午後から一斉に園の駐車場に保護者の方が集まり始めました。
殆どの子達が保護者の方とランドセル姿を見せに来てくれました。
みんな小学校入学おめでとう!
カトレアで培った事を糧に、学校を楽しんで!
何かあったら、いつでも保育園においで。
保育園が何時でも、いつまでも皆の拠り所でありますよう。

2018年4月10日火曜日

最後のいただきます

いつも以上に腹ペコで帰ってきた子ども達。
早速味噌汁作りから。
Y君頭に毎回タオルを巻き、職人のように鰹節を削ります(^ ^)
ひたむきに削る姿は職人そのもの!
また卒園児Kちゃん宅より追加の筍をいただいてので炭火で焼くことに。
振り返れば、学童では、多くの保護者の方に「これ学童で使って下さい」と
飲み物、野菜、おやつ等の差し入れをたくさん頂きました。
皆様、本当にありがとうございました!おかげさまで素敵な体験をすることができました!
昼食準備ができると皆に「今日で皆で一緒に食べるのは最後になるから、今から皆揃って
最後のいただきますをするよ」と声かけ。
皆一瞬表情が真剣に。
今日までありがとう、そしてこれからもよろしくと思いを込めて「いただきます」
皆で作り続けた味噌汁。皆で作る。同じ釜の飯を食う仲間。
今日の日のことは皆決して忘れないでしょう。
また明日から新たな一歩へ。

最終日の学童

iPadから送信
本日で学童最終日!
皆で前日から話し合っていた活動は江津湖で釣りをすることでした。
H君、自宅から釣竿を持参、餌はやはりパンの耳を魚肉ソーセージ!
仕掛けを作り、投げあたりを待ちます。
待っている間、女の子達は楠へ木登り!
この一週間でRちゃんかなり木登りができるようになり、初めて一人で5メーター付近まで
登り、自力で降りてきました!
子どもは制限をかけない中では、自己を最大限に発揮できるのではないでしょうか?
たった一週間で変わる子は変わります!自分自身の能力に気づきます!
「やればできる」ということを。
そうこうしていると竿にあたりが!H君「僕が引き寄せる」と必死にリールを巻き
よせると「アッ!亀!」毎度お馴染みアカミミガメがソーセージに喰らい付いていました。
亀を釣り、満足げな男の子達は「先生!次はザリガニ捕まえよう!」と移動を始めました。
移動中、他の保育園がお散歩していると、男の子自慢したい嵯峨なのか、その子達の所へ
「見て!アカミミガメ採ったよ!」と自慢げに見せに行きます(^_^;)
「うわ〜スゲー!」と他園の子達が群がります(^_^;)
その後もドジョウを採ったり、ザリガニ採ったりすると、あちこちの園や遊びに来ている
子ども達に「どうだ!」と言わんばかりに見せていました^^;
今日は、最後の学童なので、昼も子ども達が「腹減ったからもう帰ろう」と言うまで
ずっと昼過ぎまで遊ばせていました。

できることを習慣に

学童では、毎日昼食時に味噌汁を子ども達が作っています。
今週に入り、二年生から上が新学期が始まり来なくなりました。
全て自分達、新一年生でしなければなりません。
ですが心配をよそに、自分たちで豆腐を切り(どう切るか相談しあってました)
鰹節を削り、野菜を切りました(在園時の祖父の方が大根を下さりました)
味噌ときもでき、自分達で濃さを判断できます。
お椀につぐのも各自でつぎ、食後は鍋、おたま、シンクを洗います。
Aちゃんが「先生、私昨日お婆ちゃん家で味噌汁作ったよ」と報告してくれました。
まだまだ6歳、されど6歳。教えれば、最初は不安気な所もありますが、できます。
日常の中での料理や掃除。つい忙しさや、教えることの面倒さから大人がしていますが、
実は子どもの成長の機会を大人が奪っているのではと感じます。
子どもは何か頼む「これしてくれる人」「ハイ!先生俺がします!私がします!」と
積極的です。子どもが甘える、怠ける、消極的になる原因。
子どもは何でも始めての事に意欲的です!
このとこを私達大人が忘れないよう、潰さないようにする意識を持たなければなりません。

入園・進級式

4月7日
第39回カトレア保育園、入園・進級式を執り行いました。
新入園児さんを迎え、新しく保育がスタートしました。
閉式後は、新役員の紹介もありました。

2018年4月6日金曜日

雨の日の学童

今日は小学生最後の学童、来週からは新学期がスタートです。
天気は予報通り雨ですが、昨日から最後の日は肉を買いに行き、BBQしよう
と約束していたので、カッパを来て皆で買い出しに行きました。
行き先は健軍商店街!お肉は生肉屋さん、味噌汁の材料は女の子達にお金を渡し
「この範囲で買える具材を買ってきて」とおつかいを頼みました。
精肉店ではガラスケースに並ぶ肉の部位、種類に皆張り付いて見ていました(^_^;)
「先生、私ホルモンがいい!」という子も!本当に子どもか^^;!?というセレクト。
「先生!俺霜降り和牛がいい!!これ買って」ハイ、予算上却下!
帰りも雨足が強まる中、気温も下がってきており、皆から弱音が(^^;;
その時、一年生になるH君が「でも小学生なったら、どんな日も自分で歩いていか
なければいけないから、いい練習だよ!」と皆を一括!この考えがでるのが凄いです!
往復一時間で園に到着。着替えてすぐに炭の火おこしをして暖をとりました。
肉を焼く前にA君のお母さんから頂いていたブロッコリーを焼き、牛肉を焼きました。
今日は学童始まって依頼発の室内での「いただきます」。
やはり、室内だと少し狭いですね(^_^;)
ごちそうさま後にグループごとにマシュマロ焼きをしました。
そこに雨の中、中学生の卒園児も来ました(ホントよう毎日来るなと逆に感心します)
外階段の雨が降りこまないスペースで、いつもと違ったBBQに皆楽しんでいました(^ ^)
普段できない環境と体験を一週間通し、また来週から新学年を元気に乗り切る英気を
養ってくれたのではないかと思います。
新二年生から上の学年、月曜から頑張って!