2018年3月21日水曜日

食の命 人の命

3月21日本日は、知り合いが主催するセミナーにスタッフとして熊本森都心ビルに
手伝いで参加しました。
講師は、大分県在住の全国的に有名なお百姓さん、赤峰勝人先生。
広大な敷地で完全無農薬、化学肥料を一切使わない農法は、全国に多くのファンの顧客を持ち
、いかに農薬や化学肥料が人体に害をもたらすかを発信されています。
今日も満員御礼、遠くは東京、長崎、鹿児島からもわざわざ来られていました。
まず「アトピーは病気ではない」と驚きの発言!そう赤峰先生の農場には、全国から口コミで
アトピーの方が尋ねて来られるそうです。
22年間かさぶただらけのアトピーの酷い女性が、食事を徹底して変え3ヶ月で完治した事例。
また、今の時期花粉症に悩んでいる方、塩分不足だそうです。
ただし、普通の塩ではなく良質な海水塩がミネラルを多く含んでいる。
普通の塩は90%以上が塩化ナトリウム(合成された、つまり作られた塩)
他にも、不妊症の夫婦は玄米食に変える。
うつ病の人は、ビタミンB3不足!決してうつ病の薬を飲んではダメ!味噌汁を飲むこと!
現代人はパンとコーヒーだから欠如しやすく陥りやすい等、皆が三時間の講話に釘付け
でした。
それから畑は化学肥料を使わず、生えている草を完熟肥料としてやるだけで野菜は育つと断言!
実は私も園の畑はこの方法でしています。
良い畑の条件は、ナズナやカラスエンドウが沢山生えていることと!カトレアの畑、今ナズナが生えまくっています(^ ^)
今まで畑を休ませていたので、草刈りして肥料にしようと思っていたところでした。
畑で生えたものだけで育てる、いわゆる循環農業の大切さ。
園の畑では、大根、カブ、キュウリ等子ども達に生でかじらせています。
夏は草ボウボウです。それは除草剤を使わないから。
体に入って害になるものは使わない。野菜本来の味を知る。
今回のセミナーは、これからの園の畑での更なるプラスになりました。
食と農業の大切さ、皆に伝えていかねばと思います!