2018年3月15日木曜日

ある日のすみれ組み

今日のすみれ組は、以前仕込んでおいた手作り味噌を使って味噌汁作りと、釜戸
でご飯を炊きました。
味噌汁班と飯炊き班に別れ、飯炊き班はマッチで火を付ける、ナタで薪割り。
味噌汁班は、鰹節削りからの味噌を溶くまでをしました。
ちょうど先日、すみれ組に手作りピザをプレゼントしたもも組の皆が遊んでおり、
削りたての鰹節を味見させてもらってました(^ ^)
炊きあがったご飯をれんげ組にもおすそ分け〓
釜戸で炊いたご飯を一口食べた時の子ども達のリアクション『美味しい!!』
画像からも読み取れています(^ ^)
手前がかかりますが、自分達で苦労して食す経験、大切です!
鰹節を削るときに一人怪我をしましたが、私は大切な経験だと思います。
怪我から子はリスクを学ぶ。リスク(失敗)なしに子は育たない。
今後、利便性が進む中、子ども達に不自由な体験が必要とされるのではないでしょうか。