2018年7月21日土曜日

嬉しい報告

iPadから送信
7月20日、保育園には関係ありませんが、小中学生は終了式。
21日から夏休みに入ります。
19日の夕方子ども達と園庭で遊んでいると、中学3年になる卒園児C君が
走って来て「先生、明日の午前で学校終わるから手伝いにくるけん!」と。
21日午後から園の手伝いに来てくれました。
ナイストライで今のもも組の子達と再開を楽しみにしていたそうです(^ ^)
子ども達も思いっきりC君に群がって甘えていました。
その後、事務所にいると次々とドアをノックする音が。
各学年の卒園児達が通知表を見せにきてくれました!
また「夏休みに保育園に遊びにきたい!」との声が多かったです。
皆の拠り所!夏休みのうちに保育園で普段とは違った体験をし、また二学期から
頑張ってほしいものです(^ ^)

2018年7月19日木曜日

暑い日は水遊び

iPadから送信
連日猛暑が続きますね〜。
昨日やっと日よけネットを張り終えました。
暑い日は水遊びが一番!
各クラスでの午前中の様子です。

美味しい収穫

iPadから送信
園では様々な美味しい収穫期を迎えています。
ミニトマト、マスカット、畑のキュウリ。
夕方第二園庭にいると皆がマスカットをねだってきます^^;
そして、畑は卒園児の子達がお迎え時に来て「先生、キュウリなってた」
と教えてくれます。
スーパーに行けば珍しくも何ともない野菜や果物が、毎日過ごす園にあることに
子ども達の関心と興味が生まれるのだと思います(^ ^)

2018年7月18日水曜日

マスカット食べごろです

iPadから送信
本日の夕方、外遊びをしていると砂場パーゴラに植えているマスカットの実が熟していたので
希望者を募り、食しました。
皆で皮をむきたべました。

2018年7月14日土曜日

一日の遊びで子は成長する�

iPadから送信
今回の園外保育、子ども達のリクエストもシッカリ実現させました。
「魚を獲りたい、カニを捕まえたい」全てポイントを知っているので
希望者を募って上江津湖をウロウロと(^ ^)
サワガニも沢山捕まえ、魚はアブラメを7匹獲りました。
昼食を挟んで弁当食べながら捕まえたカニを見ながら満足げなH君。
昼食を終えるとまた魚獲りへ!
ここで去年から行っている度胸試し!50mトンネル探検!
今まで他に通っている人を見たことがありません^^;が去年からカトレア年中希望者
のみやっています。まず他の人は入らない場所です(^_^;)
当然中は真っ暗、手探りで足元を確認し遠くに見える出口の光を頼りに進まねばなりません。
5名を除く全員が参加。私がLEDライトを持ち先頭を進み、足元の安全を促して行きます。
5mも進むと完全に真っ暗になり泣き出す子も(^_^;)
ですが「大丈夫だよと」別の子が手を引いてあげます、これこそが助け合い!
こういった非日常の経験が子どもにとっても互いに協力する、助け合う考えが自然と
生まれる事に気づかされます。
今回のトンネル、一番先人を切って私より先にゴールを手にしたのはE君。
普段はちょっとしたトラブルで泣いたり、大人に頼ったりしていますが、環境が子を変えます!
ゴールした上位三名は予想外の子達ばかりでした。実は去年もそうでした。
このことから、普段の保育では発揮しにくい、やる気が起きない子も環境を変えると大人の想像を裏切る成果を出せること。
たった一日の「できた!」という経験が子の自信となり、その後のやる気に直結して行く。
そして男の子、やはり大人のモデルが必要です!
こんな大人に憧れる、私達先生は子から憧れる存在、魅力的な存在でなければなりません。
今回の園外を振り返り、一人一人個性の違った子の才能を引き出し、保護者の方にお伝え
できればと感じました。

一日の遊びで子は成長する

iPadから送信
7月13日
本日はれんげ組の上江津湖園外保育!
普段とは全く違った環境で遊びと学びの一日です。
今年より、昼食後もせっかくの上江津湖をじっくり遊び尽くす為に、午後からも
遊ぶ時間を設けました。
私の自宅は上江津湖のすぐ側、幼少期から遊び尽くし、誰よりも上江津湖を知っている
中で子ども達に江津湖の魅力を継承する日です(^ ^)
初めにブランコ作り。高い気にロープをかけるにはどうすれば良いか?
皆で軍手に石を詰めさせロープに結びそれを高く投げると木にロープがかけれます。
できた水上ブランコで大はしゃぎ!
また地震で修復された壁が丁度ボルタリングできそうでしたので、まずは私が試しに
2.5mほどの壁を登り、安全確認をした後子ども達へ。
男の子も頑張りますが、女の子!凄いですね、逆に男の子のフォローに回っていました^^;

朝活!

iPadから送信
7月13日
この日はれんげ組園外保育の日です。
と、そんな日の朝6時から勉強会に参加してきました。
私がお世話になっている方から合わせたい友人がいるとお声かけ頂いていました。
中田宏さん!元横浜市長、衆議院議員、最近は日曜日にあっている「そこまで言って委員会
NP」にも出られている方です。
6時に待ち合わせをし、名刺交換、記念写真を撮らせて頂きました(^ ^)
その後、中田さんの話を聴こうと早朝にもかかわらずスーツ姿の方々が来ること来ること^^;
初めに中田さんの提案で和食で皆で「いただきます」
バリバリ働くには健康、体系体調管理が大切!だから毎朝朝食は和食をとっている中田さん
の企画。
朝食後、380万都市の横浜市長を2期した際の行政改革の話。
何事も時代の変化で変えていかねばならないが、身内からも最初は反発が起き市民からも
起きたという内容。
人は変えられることをめんどくさい、驚異と感じることもあります。
中田さんが一番熱く言われたのは「いかにして次世代に残していくか!」
「今、政治の世界も各業種で実権持っている60〜70代の方達、 あなた達も若い時は
誰かの世話や恩恵を受けていたはず!それを今食い散らかして次世代に繋がないでほしい!」
本当に次世代を担っていく子どもや若手の事を考えているのかを仰いました。
今回の勉強会、7時半に終わりましたが、私も知る熊本市の角界の有名な熱い方々が集結
されていました。それぞれの想いが波及効果を生み少しずつ世の中を変えて行く。
全ては次世代の為です!
今、私たち大人が子ども達の為に行動できることは何でしょうか。

優志会BBQ

iPadから送信
7月12日午前中に宮崎を発ち園へ戻りました。
この日の夕方は空手道優志会のBBQをしました。
久しぶりのBBQ!開始前にお父さん達と炭火を起こしていると突然の夕立^^;
夕立にめげず、肉焼を開始、徐々に参加者が増えて親子で総数60名程の参加が
ありました。
こうなるとお手伝いの方の力がとても必要となります。
仕事を早く切り上げて駆けつけてくれたお父さん方は勿論、お母さん方も暑い中
子ども達の為に、自分達はほとんど食べずに汗をかきながら最後まで手伝って頂き
ました。
また差し入れで大玉のスイカや巨峰を持ってきてくれる方もいらっしゃいました。
皆様、一人ひとりの想いで、子ども達にとても楽しく美味しいBBQができました。

追伸
BBQ後におやじの会のメンバーが集まり、夏祭りに向けて秘密の練習を22時まで
されていました!今年もおやじの会、やってくれるはずです(^ ^)

防災とこれからの福祉人とは

iPadから送信
7月11日、この日は午後より宮崎県日向市社会福祉協議会と日向市施設連盟
(高齢者、障がい児、保育園施設団体)から講演依頼があり日向市へ。
熊本から老人施設、障がい者施設、保育施設代表3名が招かれました。
私は保育施設代表で、熊本地震の際の避難所運営や、各避難所支援、
これからの施設に求められる地域や他団体との繋がりの大切さ等を話しました。
この研修会18時開始なのですが、日向市副市長から行政、社協、何より平日の仕事が
終わって各施設職員の方々350名が参加されました!人口6万人の町でです!
日向市を含む宮崎県も、南海トラフ地震を警戒しています。
今、全国各地で地震や災害が起きています。
各施設では大切な命を預かる中、いざという時の備えについて、また発災した際
の地域や他機関との連携を考えなけれなりません。
私の講演の最後の要点は「コミュニティこそ一番の防災」普段からゆるい繋がりを
持つことが、何よりの防災になると思います。

梅雨明け

iPadから送信
最近、バタバタしており、ブログの更新が中々できませんでした。
梅雨明け宣言もあり、本格的な夏の暑さの到来です。
畑では、小玉スイカが沢山実をつけています(^ ^)
今年はカラス対策をシッカリし、子ども達に食べさせたいです。

2018年7月9日月曜日

カブトムシ

合志市で保育園をしている大学の同級生から、今春カブトムシの幼虫を
貰いました。
衣装ケースに沢山の腐葉土と幼虫をすみれ組が大事に育てていました。
六月後半から次々とサナギから脱皮し出てきました(^ ^)
今日は、新しい飼育ケースを買い、カブトムシを移しました。
カブトムシは一夏しか生きませんが、また産卵し、次へ命を繋いでいければと
思います。

2018年6月26日火曜日

笹がきました

七夕の時期が迫ってまいりました。
いつも笹を提供していただいている保護者のお父さんNさん、
いつもありがとうございます(^ ^)
園での笹飾りと、剪定した小枝部分は、各家庭用として保護者の方へおすそわけ
しております。
ご家庭で笹飾りをされる方、どうぞご利用下さい。

2018年6月25日月曜日

田植え

本日は、以上児クラスの皆で田植えをしました(^ ^)
ですが、肝心の苗植えより、田んぼのジャンボタニシとオタマジャクシに夢中でした(^_^;)
ですが子どもの視点になるとそうですよね^^;
前回の泥遊びといい、この時期にしかできない貴重な体験ができました。

カトレアの実力

6月23日(土曜日)
この日は、熊本市保育園連盟東部ブロックのレクリエーションがありました。
文字通り、東区の認可保育園レクリエーション。
内容は、園対抗ボーリング大会!その後懇親会でした。
結果は、団体一位!個人の部ではA先生178!で全体2位!C先生も170台を出し4位!
トップレベルのみならず、ブービー賞も新人のH先生、シッカリ受賞していました^^;
今回のボーリングもですが、ミニバレーやドッジボール等、どの競技でも常に上位の成績を残す
先生達!身体能力高すぎ!

2018年6月23日土曜日

田植え前の楽しみ

6月21日
園の隣の田んぼにて、田植え前の泥遊びをしました。
つくし組からすみれ組まで、皆で泥だらけになり遊びました。
子ども達と必死に遊びこんだ為、泥だらけの画像が撮れませんでした(^_^;)
トロトロになった泥の感触を楽しみながら、持ってきた大きなタライに泥をいれ始め、
泥風呂として気持ち用さそうに浸かる子ども達(^ ^)
この発想は、大人ではできません!
道ゆく車からも、驚かれ、中には笑顔で写メを撮っていかれるオバちゃんも^^;

2018年6月19日火曜日

ジャガイモを食べる!

今日のれんげ組、午前中からいい匂いが(^ ^)
先日畑で収穫したジャガイモをホットプレートで焼いていました!
切り込みから手伝った子達も〓
沢山焼いたので給食時にすみれ組にもおすそ分け。
今後、毎月一回ぐらいはホットプレートで調理してもいいかな〜とれんげ組の先生達
と話してました。
K先生「だって大人でも楽しいですよね」と、そう大人が楽しくなくて子どもが楽しい
はずがない!大人も心底楽しめることを!子ども達と一緒に!

子どもに平等な未来を

6月17日
私が副代表を務める「子どもから地域へ拡がれネットワーク」は熊本学園大学
高橋記念ホールにてシンポジウムを開催しました。
今回のテーマは「市民・官学産一体の地域づくりを目指して」
今回は子どもの貧困問題について。
熊本県、熊本市が去年行った5年生、中学生対象に全世帯生活調査を実施、その
行政報告、民間からはマルキン食品が物質支援、そして熊本学園大学も全面協力
のもと、産業、行政、学校、地域が連携した子ども支援、地域支援の報告会を
しました。
私も主催者を代表して開会の挨拶とパネルディスカッションにてパネラーを
務めました。
学園大学目黒理事長からも来賓挨拶を頂き、学園大学がこういった活動を
支援していくことを約束されました。
少しずつ、地域課題はボトムアップで解決していけるように、全ての子ども達が
平等に学び、生活できる社会作りを目指して、これからも頑張ります!
16日には尚絅短大子育て研究センターに、そして今後学園大学新校舎内にも
子ども達の居場所ができます(^ ^)
様々な期間との連携が新しい場の未来を創造します!