2017年10月2日月曜日

命をいただく経験

すみれ組も、捕獲から、内臓抜き、串刺し、そして焼くまで行いました。
内臓抜きは、顔をしかめる子が(^^;;
すべて経験です!今はスーパーに行ってもおろしてある魚ばかり。
自分で捕まえて、食べるまで処理し、焼き食べる!
半分くらいの子達は、骨も残さず、全て綺麗に食べてしまいました。
やはり、食べることは生きること!今からの時代はこんな人間力を
兼ね備えている子達が伸びていくと思います!
テクノロジーが益々進化して、人間の能力を超えて行く中、私達はどんな能力が
求められるでしょうか?
今後の保育の探求課題として、今後も子ども達と様々な体験をしていきたいものです。