2016年5月1日日曜日

保育園復旧状況説明会

【開園時間】
・7:00〜18:00まで

・祖父母がいらっしゃる方等できる限り家庭保育のご協力をお願いします。
・現時点では、1階のみのスペースを活用し保育を行います。


Q&A
Q:18時までの居残り保育の理由を教えて欲しい。
A:今回の未曾有の震災には、未だに終息しておらず、余震(震度3〜4クラス)が
続いております。私達も自園での見解のみではなく、他の保育園連盟に加入
している園とも話し合いをし、安全が確保できる人員、時間帯を考慮して
18時までの通常保育時間までと致しました。皆様が、お仕事上18時を
越えられる方が多数いらっしゃるのは存じております。今後、余震の収まり具合
等を見ながら、延長保育を考えて行きたいと思います。
また、現在保育園周辺の道路、六嘉県道等は夕方になりますと大変混み合います。
万一、何か起こった際のお迎え等にも迅速に駆けつけていただく為にも、お迎え
時間を18時迄とさせて頂くを補足致します。


Q:河川決壊についての防災対策はどうなっているか
A:保育園は、園舎建て替えの時に1メール地盤を上げており、以前は浸水していた
年もありましたが、この18年一度も浸水しておりません。
万一の際は、2階へと避難します。
また、近年、秋津川、木山川含め加瀬川河川工事が行われ、円周辺でも道路が
水没することがなくなりました。それに加え、園舎前の調整池が、震災にて上流部分の
雨水を今年は受け入れられない状況です。そのため、万一道路側溝から溢れた雨水をは
道路こうばい上、調整池に流れていくため、円周辺が通行できなくなるとは考えにくい
状況です。
しかし、油断せずに、登園、降園上支障が出ると予測した時には、早めのお迎え、連絡を
回します。


以上、他に何かご質問等ございましたら、遠慮なく事務所までお尋ね下さい。